« 京都市内の桜が満開です(南禅寺と野村別邸) | トップページ | 恒例の「椿展」を拝見しました »

2015年4月10日 (金)

京都市内の桜が満開です(蹴上インクライン)

 蹴上にある琵琶湖疏水の傾斜鉄道・インクラインの周辺の桜が見事なので、久し振りに行きました。
 琵琶湖疏水は京都と大津間の船の輸送を用途の一つとしていましたが、落差の大きい場所 は船が運行できないので、台車に船を載せて上下させるインクラインで運行していました。
 疏水の出口・南禅寺船溜から傾斜(1/15・落差約35m)を設け、疏水の流れに繋げていますが、その土手の両側に桜が植えられています。

003a

ねじりまんぼ(トンネル・右手上一部)付近の様子です。
下流に向かって左側の様子です。

013a

ねじりまんぼの反対側(右側)の様子です。

007a

インクラインのレールが敷かれている斜面上は、大賑わいでした。
レールを寫そうと思ったのですが、人が多過ぎて撮ることが出来ませんでした。遠くの山並みは、愛宕山(右手の方・見えませんが)や嵐山などに連なる山々です。

008a

傾斜鉄道の車台です。形態保存の状態です。

012a_2

下流に向けて左側の土手の桜達です。可なりのお年の様ですが、元気に花を咲かせていました。

« 京都市内の桜が満開です(南禅寺と野村別邸) | トップページ | 恒例の「椿展」を拝見しました »

2015  京都の桜」カテゴリの記事

地域」カテゴリの記事

散歩 花」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
おはようございます。
美しいですねぇ~
大勢の人が来られていますね、土手に咲く桜も
喜んでいるようですねぇ。
これだけの人が来られるのは、やっぱり
こちらの風情ある場所に安らげるのでしょうねぇ。
見晴らしもいいですよね、言われるように
人が多くてレールは写せないですね。
南禅寺界隈の見事な桜も満たされますね。
最近、あのあたりには行ってませんので
美しい桜や風景に魅せられています。
やっぱり、こういう場所にある桜を
見ると京都っていいなぁ~って再確認しますね。
いつもありがとうございます。

古都人さん
お早うございます
↓の南禅寺と野村別邸の桜、余りの美しさに溜息を付きながら拝見しました
雨の日も京都の観光地は賑わっていると聞いていますが古都人さんのお写真を拝見して改めて晴天の有りがたさを実感しています

蹴上インクラインは下から見上げる事は有っても登ったのは5年以上も前の事です
大勢の方が来られていますね
青空と桜、そして遠くの山々
京都は何処を取っても絵になりますが
蹴上インクラインからの景色も素晴らしいです
インクラインが動いていた時代
今から考えると想像も出来ませんが
平和で長閑な風景だったのてしょう

 お早うございます
南禅寺も野村別邸もそしてその前の紅枝垂れ桜も何と美しいのでしょう
青空に映える桜は一番ですね
最近は青空にもお目にかかきれる機会が少なく魅入ってしまいました。
天候が悪くても京都へは多くの観光客がこられますが、その京都に住んている私たちは幸せですね

 蹴上インクラインに目を付けられたのは流石ですね
京都を知り尽くされた古都人さんならこそですね
私はインクラインの桜がこんなに古木が多く見事に花咲かせているとは想像以上です
インクラインの事を知っている人たちは少なくなったことでしょうね

古都人さんの精進のお蔭で晴天に恵まれた素晴らしい桜の数々感謝しながら拝見しています

古都人さん
お早うございます
 清流亭のお庭に咲いている紅枝垂れ桜は数年前に見ましたが当時は観光客も少なく比較的ヒッソリしていて桜の穴場と言われていたのですが、すっかり有名になったのですね
こんなに風情の有る桜、当然ですね
 南禅寺は紅葉の名所だと思っていましたがこんなに桜の木が多く美しいとは思っていませんでした
京都は至る所に桜有ですね
雨の日も観光客が多いのが頷けます
 蹴上インクラインを近くの景色、遠くの風景を眺めながら散策するのは桜の季節は無理ですね
こんなに多くの観光客が来られていたのですね
皆さんよくご存じで驚いています
当然ですね
想像以上の桜の多さ美しさに今更ながら感動しています
インクラインは考えられましたね
先人の知恵の凄さを改めて思います。

ここはまた素晴らしい桜を見せくださいましたね。
古木の良さでしょうか。

多くの観光客の方が来ているのですね~
京都は最近観光の方がことに多いと聞きました
多くの場所に素晴らしい桜 当然と言えば当然ですね。

有馬ですら言葉の違う方が多いのですもの。

古都人さん  こんにちは
青空の下、京都で愛でる桜は美しく映え
どのお写真も素晴らしく絵に成りますね~ とっても綺麗です。
蹴上インクラインの桜、初めのお写真の
捉え方が素晴らしいです。
土手のグリーンと歴史を伝える古木の見事な桜
グリーンと桜色の対比が凄く爽やかで
あ~出かけてお花見を愉しみたいなぁ~と思います。
傾斜と人出の賑わいも感じて、ねじりまんぼの様子が窺えます。
「ねじりまんぼ」は地名でしょうか?初めて知りました。
インクラインの事を学ぶためにも
傾斜鉄道の車台は興味深いです。

南禅寺は桜の季節も素晴らしいのですね。
南禅寺と野村別邸付近は
何度か散策しいますが、その素晴らしさに
気付かずに通り過ぎていました。
東照宮、白壁塀と桜、見事な大木のしだれ桜
屋根を入れてのお写真、三門を額縁風に
仕立ててのお写真の緑の木々の美しいこと、
桜ばかり目が行きがちなこの時期に
その美しさに魅せられています。
カメラ目線の素晴らしさは、ますます冴えて
さすがだと感心しています。
朝から雨で鬱陶しい日ですが、
心晴れやかに素敵なお花見を愉しませて頂きました。

ムームーさんへ
こんにちわ
お天気が不順で困りますね
晴天が続きませんね
そうですね 場所としても珍しいのかも知れません
そこへこの様に多くの桜並木です
外国の方も多かったですよ
遡ってご覧戴き有難うございます
そうですね インクラインとはがらっと変わって
雰囲気のある場所です
ここもこんなに多くの人が来ているなんて驚きでした
以前は隠れ名所だったのですが・・・

taekoさんへ
こんにちわ
遡ってご覧戴き有難うございます
そうですね 雨天は余り外出しませんが
観光客の方は多いのでしょうね
皆さん予定を立てての京都観光ですから
今更変更も出来ないのでしょうね
そうですね 桜は青空に映えて一際美しいですね
曇天では桜の花が空に溶け込んで仕舞う感じがします
そうですね 桜の時しか上を歩きませんものね
歩き辛いですよ 石道見たいで
下から眺める方が良いかも知れません
この辺りは「桜だより」の対象には入っていませんが
桜並木の多さから誰にでも目に付く場所として人気があるのでしょう

古都人さん、こんにちは~♪
蹴上インクラインの桜、素晴らしいですね。
土手の緑と青空、色彩が鮮やかでとても美しいです。
樹齢を重ねた桜の木は堂々として、風格がありますね
下から見上げる桜は圧巻だったでしょうね。

南禅寺と野村別邸の桜も見せていただきました。
京都に「東照宮」があることに驚きました。
白壁と桜、マッチして美しいですね。
野村別邸・碧雲荘も観光客が多いですね。
枝垂れ桜が見事です。
京都の桜はどこを切り取っても絵のように素敵ですね。

植村さんへ
こんにちわ
遡ってご覧戴き有難うございます
そうですね 以前は「野村碧雲荘」の方が有名だったのですが
最近は「清流亭」の方が桜の名所として人気がある様です
そうですね 紅枝垂れが一層この辺りの華やかさを引き立てて
います 
そうですね 青空は何物にも代え難い条件ですね
そうでしょうね インクラインのことは余り知られていないでしょうね
桜の名所?としては有名では無いかも知れませんが
こんなに多くの人々の姿がありました
あの辺りを歩けば一目で分かりますからね

hirugaoさんへ
こんにちわ
そうですね この辺りは琵琶湖疏水の関連の
産業遺産見たいなところですが
桜並木が見事なので多くの観光客が来られるのでしょう
「桜だより」には乗らない桜の名所です
そうですね 外国 特に中国の観光客が多いですね
有馬もそんな感じなんですね

すみれさんへ
こんにちわ
遡ってご覧戴き有難うございます
そして身に余るお言葉まで戴き有難うございます
そうですね 南禅寺から野村別邸 さらに蹴上の
インクラインまで一帯は有名無名の桜の名所と
言えそうです
つくづく日本人の桜好きが良く判ります
青空の下の桜はより一層美しさを引き立ててくれます
インクラインは珍しい施設ですがその実態は余りご存じ
無いかも知れませんね
昔 これが動いていたなんて想像も出来ないかも知れません
そうですね 「ねじりまんぼ」とは このトンネル(まんぼと言います)
の内側の煉瓦積みが捻じれた様に積まれていますので
その様に名付けられているのです 愛称見たいなものですね

hiroさんへ
こんにちわ
遡ってご覧戴き有難うございます
そうですね インクラインは上からでも下からでも
眺めは良いですね
インクラインは珍しい施設だと思ってご覧になっていることでしょう
多分インクラインが造られた時に植えられた桜かも知れませんね
約100年経ちますが・・・
そうですね 「東照宮」は徳川家におもねって各地に造られていますね
ここは家康のブレーンの金地院崇伝の寺ですから隣に造られたのでしょう
「碧雲荘」一帯は有名になったものです

古都人さんこんばんわ。
みごとな桜ですね。このところの寒さで桜が持ちましたね。
7日入洛、寒さに震えました。北国の住人とて十分な服装で臨んだが震えました。
運よく一便に乗れたので、伏見の梅の花でランチ後は京博で狩野派展と平成知新館の宝物群を観賞。眩暈がする程観ました。翌日は清水をぶらぶら、外人が多いのにびっくり、日本人の方が少ない。
同じ系統の顔でも聞こえるのは中国語。イノダ珈琲で「アラビアの真珠」cafeを堪能。予約の御所雲月は感動また感動。古都人さんに感謝、感謝です。場所もすぐに分かりました。北店も南店も同じ敷地ですね。惑わせてごめんなさい。味も接客も5つ☆ですgood、ランチ後は大阪へ、造幣局の潜り抜けを目当てに行ったが一日早かった。でも川筋から眺めつつ大阪城まで歩きました。翌日は室生寺、長谷寺と古都の仏像と桜を満喫。今日空路で無事帰宅。折しも山形市では観測史上5番目に早い開花宣言です。長くなって悪しからず

こんばんは happy01
南禅寺に碧雲荘、そしてインクライン、どこも見事な桜ですね。
ちょうど満開の時にお出かけされ、お天気も素晴らしく、絶好の花見日和だったことでしょう!
船が水位が違う川や運河を航行するとき、閘門で水位を調節する仕組みは知っているのですが、インクラインは台車に載せて運ぶのですか?
船溜からどのように台車に載せて、どのようにして再び疎水に戻すのか興味があります。
幹が太い桜の古木、それでもたくさんの花を咲かせ、もう何十年いや百年以上人々の心を和ませてきたことでしょう。
今回も素敵な京都のお花見、楽しませていただき、ありがとうございました。

田舎娘さんへ
お早うございます そしてお帰りなさい お疲れ様でした
目一杯の強行スケジュールでしたね
お元気な証拠です
お見事と申し上げたいと思います
少しはお役に立てて嬉しいです

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうですね 「碧雲荘」一帯から南禅寺 そして蹴上のインクラインと
何処も桜の花一杯でした 人も多かったです 特にインクラインでは・・・
そうですね 琵琶湖疏水で発電した電力で台車を動かしていたと思います
その電力は日本最初の市電を走らせたのですから・・・
そうですね 土手の桜は多分インクラインが造られた時に植えられたのでは
無いかと思います
インクライン一帯は桜の名所には挙げられていませんが目立つ場所にありますから
人も集まって来ていると思います

3番目の椿は我が家にもあります
今年は寒さで花びらが痛んでいます
例年はもっときれいです

あおぞら39さんへ
 こんにちわ
そうですね
椿の花は傷みやすく汚れやすいです
やはり寒さの影響も有るのですね

おはようございます。
以前冬にこのあたりを歩き
桜の木の枝ぶりから春の様子を想像し
是非訪れたいと思っていました。
人もほとんどいませんでしたし。

リアルタイムの写真ありがとうございます。
まあ、と声を上げたくなるくらいきれいな満開の桜です。
想像以上です。
ここも水が豊かな場所なので
桜が生き生きしているのでしょうね。

京都で人が多いのはもう仕方がありませんね。
誰もが行きたくなる景色ばかりですからね。

人が少ない場所にこっそり足を運ぶという楽しみは
京都では難しくなってきていますね。
京都に行くことだけが趣味なので
そろそろ頭の切り替えが必要なようです。

まさみさんへ
こんにちわ
そうですね 冬のこの辺りは南禅寺などに行く人の
通過地点ですね 見上げることもないでしょうね
桜の木はかなり古そうですが春を連想するのは
京都通のまさみさん位でしょうか
今年の京都の春の人出はより一層多くなった感じです
隠れ名所が少なくなって仕舞ました
それを見付けるのが楽しみかも知れません
京都にお出での日が近くなって来ましたね
今回は何処を目指されるのか 興味津々です
今日現在では未だ結構桜は残っています

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/59524436

この記事へのトラックバック一覧です: 京都市内の桜が満開です(蹴上インクライン):

« 京都市内の桜が満開です(南禅寺と野村別邸) | トップページ | 恒例の「椿展」を拝見しました »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き