« 京都市内の桜が満開です(二条城) | トップページ | 京都市内の桜が満開です(南禅寺と野村別邸) »

2015年4月 8日 (水)

京都市内の桜が満開です(高瀬川)

 今年の京都市内の桜は、開花から満開までの期間が比較的短かった様に思います。先日、NHK京都のニュース番組で、気象予報士の方が仰っていましたが、過去のデータでは開花から満開の期間が最短では1日の年や最長では10日以上の年があったそうです。
 今年は3/27に開花宣言され、満開が4/1でした。6日間ですが、少し短い方かも知れません。

 さて、満開の桜を追って、「高瀬川」に行きました。この高瀬川は、江戸時代初めに「角倉了以」が京の町の水運のために開いた運河のような川です。

004a

この辺りは「一之船入り」と言って、ここが高瀬川の終点・始点だったところです。ここから下流に向かって、船が行き来していました。
左手の道路は「木屋町通」で、歓楽街的な雰囲気があります。

001a

↑の橋の上から、一之船入りの場所の上流方向を見ています。

005a

下流方向に向かって歩いています。
歩道は、右に高瀬川、左に木屋町通の間に設けられています。
桜の木は、川の土手に植えられています。

010a

太い幹の一部から、直に花が咲いていました。

012a

この辺りには、幕末から明治維新にかけての史跡が多くあるところです。
藩邸も多くありました。
この碑は、幕末~維新に非業の最後を遂げた、左は大村益次郎、右は佐久間象山の石碑です。この辺りで遭難しています。

014a

「三条小橋」の上から、上流を見ています。
高瀬川畔の桜は、ここから四条や五条にかけて続いています。


















« 京都市内の桜が満開です(二条城) | トップページ | 京都市内の桜が満開です(南禅寺と野村別邸) »

2015  京都の桜」カテゴリの記事

地域」カテゴリの記事

散歩 花」カテゴリの記事

コメント

古都人さん
おはようございます。
高瀬川の桜って風情がありますねぇ~
最近、あのあたりを歩かないので
見れて嬉しいですわぁ。
そうそう、桜の時期が早かったように
思いますね、あれあれと思う間にもう
終わりましたね、お天気も悪かったですね。
この川から荷出しをして船が行きかう
様子を思い浮かべると往時の
賑わいが目に浮かぶようですわぁ。
いつもありがとうございます♪

 お早うございます
流石に二条城の桜ですね
満開の桜の見事な箏
二条城は外国の方が目立ちますが
何故か東南アジアの方の姿は少ないですね

「高瀬川」は歴史とロマンが感じられて好きな川です
唯、「角倉了以」が京都の町の水運の為に開いたことは事は知らずにいました
京都市民にとっては大切な川なのですね
この川を舟が行き来していた
長閑な平和な光景だったのですね
その川を優しく彩る桜の花
風情が有りますね
京都に咲く桜はどこに有っても風情が有りより周りの光景を優しく彩っていますね
古都人さんの桜だよりを拝見する度に
新たな感動が有ります

古都人さん
お早うございます
 綺麗ですね
「高瀬川」の川沿いも散策するに相応しいですね
近くにもしっとり落ち着いたお店も有り
時々お食事を愉しんでいます
一之船入に置かれている船が新しく作られた時見に行きましたが、
地域の方達がお祝いをされていました
ここにも明治維新に活躍・非業の最期を遂げた方達が居られるのですね
気付きませんでしたが、今度散策する時は石碑を探してみます。
素晴らしい桜はいつ頃植えられたのか解りませんが
時代の流れを静かに見つめていたのかも知れませんね
京都には今も歴史が息づいている場所が多く有りますね
 二条城のライトアップに行きました
正しく幽玄の世界でした
皆さん「うわ~凄い」を連発。
青空の下に咲く桜は夜と又違った美しさが有りますね
やはり二条城の桜は凄いです 

古都人さん
お早うございます
「高瀬川」の一之船入の桜も風情が有りますね
 今年は気象予報が当たらず?にお花見にタイミング良く行けません(でした)。
古都人さんのお蔭で毎日お花見をさせて戴いています。
一人なら到底これだけの桜の名所を訪れる事は不可能でしょう。
↓の二条城と「高瀬川」の一之船入の桜は又違った風情ですが
桜は何処で咲いても美しく少し儚げですね
短い命を精いっぱい咲かせている様子に感動しています。
古都人さんが感動しながら撮っておられる様子がよく解ります
来年は是非桜の季節に一之船入辺りを歩いてきます

古都人さん、おはようございます♪
「高瀬川」と聞くと森鴎外の「高瀬舟」を思い出します。
もしかしたら主人公は朧月夜に照らされた桜を眺めながら
この川を下ったのではないかなどと想像しながら・・・

水辺の桜は美しいですね。
大村益次郎や佐久間象山の石碑を眺め、歴史を感じながら
桜を観賞出来るのが京都の良い所ですね。
↓の二条城の桜も見せていただきましたが、
どの桜も堂々たる咲きっぷりで、ほんとに素晴らしいと思いました。
京都の町を優しく彩る桜。はかなくもありますが、
その美しさに魅了されました。
いつも素敵な御紹介ありがとうございます。

こんにちわ^

いいですね~車がなかったら昔に戻ったようですね。
船でお花見なんて素敵でしょうね。
今年の桜はいつきに咲いたしお天気も悪く残念でしたが
古都人さんのご紹介の桜は何処も晴天に恵まれとても綺麗です

お知らせ 六甲山系は雪で白くなっています。
寒いです・・・

ムームーさんへ
こんにちわ
今日は凄く寒いですね
きっと桜達もびっくりしていることでしょう
今年は比較的に短い方でしょうね
でもこんな中でも頑張って咲いている桜もありますね
今年は本当に気候が不順です
そうですね 一之船入り辺りは風情がありますね
下流に行くとそうでも無いところもありますが・・・
変化に富んだ高瀬川沿いです

植村さんへ
こんにちわ
遡ってご覧戴き有難うございます
そうですね 何故でしょうね
欧米の方の方が多いですね 私もそう感じています
文化に対する感性の違いでしょうか
そうですね 角倉了以などは京都の水運には特別に
力を入れた方の様です 保津川もそうですしね
昔は高瀬川は人が曳いていた様です 川底が浅いために
そうせざるを得なかった様です

taekoさんへ
こんにちわ
そうですね 高瀬川沿いも或る部分は雰囲気に合わない
ところもありますが五条まで位は静かな散策道ですね
そうですか この辺りでお食事も楽しまれたのですね
そうですね 江戸時代後期には各藩がこの辺りに
京都藩邸を造ったようでそれに纏わる事件等も
起った見たいです
遡ってご覧戴き有難うございます
そうですか 二条城のライトアップに行かれたのですね
私は最近夜の外出は全く出来なくなりました
ライトアップされた夜の桜は妖しい美しさがありますね
最近はどこでもライトアップが大流行ですね

hiroさんへ
こんにちわ
そうですね 高瀬川=高瀬舟 の連想は極自然のことでしょうね
ロマンチックな想像 素敵です
遡ってご覧戴き有難うございます
そうですね 二条城の桜は多分明治に入ってからのものと思いますが
それからでも約100年近く経っていることになりますね
二条城が離宮になったり京都市に移管されたりと何度か
所有者が変わっていますのでその都度の植生もあったかと思います
そうですね 今年も京都の桜は美しいとの評判を戴いている様です

hirugaoさんへ
こんにちわ
そうですね 今日は京都も凄く寒いです
冬に逆戻りですね
そうですか 六甲山 雪が積もっているのですね
京都では比叡山とか愛宕山がその様になりますが
今日はそこまでには至っていない様です
いえいえ高瀬川は舟に乗っての花見は出来ないのです
今 大津から京都の蹴上まで琵琶湖疏水を舟で下る
特別企画を遣っていますが これなら舟からの花見が出来る
事でしょう 私は申込みしましたが当たりませんでした
そうですね 桜を見るには良いお天気でないと台無しですものね

こんばんは happy01
こちらも満開は過ぎ、散り始めています。
高瀬川、石垣や船、船に載せられた清酒の樽、そこに満開の桜!味わい深いものがありますね。
今頃は花筏となっているでしょうか?
このような川沿いの桜並木は、歩いてもドライブしても、楽しいものですよね。

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうですね 京都市内も満開から散り始めに
移りつつあります
そうでしょう 景色として結構なものでしょう
当時は人夫達の喧騒で活気があったことと思います
そうでしょうね 花筏が連なっていることでしょう
色んな桜並木がありますがそれぞれに心浮き立つ
景色ですね
そう言えば今年は桜並木はあまりご紹介していませんでしたね
半木の道 鴨川べり 高野川べり 疏水べり など多くあります

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/59517089

この記事へのトラックバック一覧です: 京都市内の桜が満開です(高瀬川):

« 京都市内の桜が満開です(二条城) | トップページ | 京都市内の桜が満開です(南禅寺と野村別邸) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き