« 恒例の「椿展」を拝見しました | トップページ | 御所の春の一般公開へ行きました »

2015年4月12日 (日)

京都市内の桜が満開です(岡崎・旧府庁)

 蹴上から、岡崎地区に遣って来ました。岡崎地区には平安神宮があり、その周辺には京都市美術館・国立京都近代美術館・京都府立図書館などの文化ゾーンでもあります。

 では先ず岡崎地区から。

044a

平安神宮の大朱鳥居の周辺の様子です。

042a

大鳥居の前に架かる朱色の「慶雲橋」の上から、琵琶湖疏水の上流を見ています。左手には、京都市美術館があります。
向こうに見える山並みは、東山連峰です。

046a

「慶雲橋」の下から再び流れ始める「白川」です。琵琶湖疏水と混合した「白川」の流れです。この流れは、祇園白川を経て鴨川に至ります。

 次に、「京都府庁旧本館」の桜を見に行きました。
3月21日から4月7日まで、「観桜祭」が催されていました。
建物の中でも、色んな行事もありました。年々多彩になっています。
桜は、中庭に色んな種類の木が植えられています。
桜を中庭に入って見たり、建物の2階から眺めたりしました。

052a

中庭の真ん中には、大きな「祇園しだれ桜」が見られます。
何でも、円山公園の初代しだれ桜の「孫」にあたるそうです。
そんなことが判る京都は凄いです。

047a

「容保桜」と言います。幕末、ここに京都守護職が置かれていて、初代守護職の会津藩主・松平容保」がここに詰めていたと言う関係からか、そんな名前の桜が植えられています。

紅しだれ桜が、一重と八重の2本見られます。

057a

解り難いですが、こちらは、紅一重です。八重も撮りましたが、写真が良くなくご紹介は諦めました。

050a

上の方が切れていますが、「八重桜・はるか」です。
説明板によりますと、福島復興を応援するシンボルである、「八重桜・はるか」の苗木を贈呈いただき、平成27年2月に植樹。
桜の名称は、NHK大河ドラマにちなみ、主演の綾瀬はるかさんが命名。
思川と手弱女の交配と考えられる新種で、花弁は基部が白色に近い淡紅色で、14~19枚の八重咲き。
(これからの生長が楽しみです)

 極、限られた場所でしたが、晴天の日に桜の花を愛でることが出来ました。
来年は違った処の桜を楽しみたいと思っています。
ご覧頂いてありがとうございました。













« 恒例の「椿展」を拝見しました | トップページ | 御所の春の一般公開へ行きました »

2015  京都の桜」カテゴリの記事

地域」カテゴリの記事

散歩 花」カテゴリの記事

コメント

 お早うございます
新たな観光地として力を入れている岡崎地区
文化的な場所でも有りますが平安神宮の朱色の大鳥居、そして桜に琵琶湖疏水
全てが絵になりますね
とても綺麗です
そして京都府庁の祇園しだれ桜に紅枝垂れ桜、そして容保桜
ここにも京都の歴史が今も息づいているのですね
今は未だ若木のようですが「八重桜・はるか」が福島の復興と共に
大きく育つことを願います
 雨が多くお花見には最適の4月では無かったですが
古都人さんのお蔭で思いも掛けない多くの場所の桜を愛でる事が出来ました
ありがとうございます

椿展も拝見しました
皆さんが丹精込めて育てておられる椿の花
初めて見る花も有りました
展示されていたのは知っていましたが
開催期間が短く残念ながら見る事は出来ませんでした。
拝見出来て良かったです

古都人さん
お早うございます
流石に名花と言われる椿ですね
どれも品が有って綺麗です
 
岡崎地区は市内とは言え何時も上品で静かな佇まいです
美術館も有り文化の香のする所で、散策するのにも相応しい場所ですね
 平安神宮の神苑の桜も素敵ですが
朱色の大鳥居と桜、琵琶湖疏水沿いに咲く桜
特に疏水に映る桜、疏水沿いに長く咲く桜
うっとり拝見しています
これも晴天ならこそでしょうね
白川沿いに咲く桜も風情が有りますね
京都に咲く桜は何処に有っても風情が有りますね
 京都府庁の祇園しだれ桜はやはり素晴らしいですね
流石は円山公園の初代しだれ桜の孫にあたるだけのことは有りますね
京都には至る所に歴史ありですね
大河ドラマの大フアンの私
「八重桜の桜」も毎回見ていました。
綾瀬はるかさんのフアンにもなりましたがそのゆかりの「八重桜・はるか」の誕生、嬉しいです
 
好かったですね
古都人さんは晴天の日にお花見をされていました
お蔭で私も晴れた日の京都の桜を愛でる事が出来ました
感謝です

古都人さん
お早うございます
 天候に恵まれなかった今年の花見でしたが、古都人さんのお蔭で居ながらにして京都の旬の桜を堪能することが出来ました
来年にも期待して(笑い)心からお礼を言わせて戴きます
 京都は町中が桜と言われますが
本当ですね
岡崎地区の桜も想像上に綺麗です
琵琶湖疏水も東山連峰もどれもが桜をより一層惹きたてているように思えます
 京都府庁も久しく訪れていませんが
ここにも京都の歴史の変遷を見つめてきた祇園しだれ桜や容保桜が有るのですね
私も大河ドラマ八重の桜は毎回胸を熱くして見ていました
綾瀬はるかさんは今も福島を訪れておられるとか
「八重桜・はるか」の成長が愉しみです

数少ない晴天の日に桜を愛でておられた古都人さん
私も古都人さんの感動を分けて戴いたお花見でした
来年も愉しみにしています(笑い)

古都人さん   おはようございます

今日はこのお写真と同じような青空になりそうですね。
やはり青空でないとソメイヨシノは映えませんものね。

紅枝垂れがとても美しいですね。

この晴れ間を狙ってまだシャクナゲには早いかもしれませんが
友人とのお別れ会に行ってきます。

おはようございます。
東山と疎水、そして桜・・・・・
もうもうこれは京都好きが増えるわけです!
この風景は春夏秋冬どの時期でも京都を感じます。
京都のお山が入ると本当に絵になります。

このあたりは人気のスポットですが
その割に人ごみ渦巻く感じがしないのは
高い建物と電線がなく
空が広く見えるからなのでしょうね。

「はるか」の成長楽しみですね。
古都人さんからの成長記録待っています。

古都人さん
おはようございます。
私も大好きな岡崎あたりいいですねぇ~
疎水べりの桜素晴らしい~
静かな時間が流れていますね。
赤い鳥居に桜のお花も綺麗~
どのアングルも綺麗に写されていますわ、同じところを
写しても皆さん、それぞれに個性があって
愉しく見せて貰っています。
府庁の桜も今年は見ていませんから
懐かしく見せていただいてます。
こちらも建物と桜がとっても
いい雰囲気を出していますねぇ~♪
椿のお花も素敵、見事に花が
咲いててうっとりしますね。
お花がくれる癒しって素敵だなぁ~♪
古都人さんいつもありがとうございます。

植村さんへ
こんにちわ
そうですね 平安神宮を中心に
最近は岡崎地区が脚光を浴びる様になりましたね
特に学生さん達の活躍の場になっています
春は桜が一役買っています
旧府庁も負けじとばかりに頑張っておられます
こちらも桜が引き立て役を果しています
どちらも春は桜が主役ですね
遡ってご覧戴き有難うございます
そうですね 椿も桜に負けない位の歴史を感じます
密やかに育てられて来た神秘性さえ感じます

taekoさんへ
こんにちわ
遡ってご覧戴き有難うございます
そうですね 名花と言われると何故か納得して仕舞いますね
気品を感じます
そうですね 岡崎地区は道幅も広く何となく広々としたものを
感じます あの朱色の大鳥居の存在もそう感じさせているのかも・・・
何時ものことながら青空が一番です なのに晴天が続きませんね
そうですね 旧府庁は幕末京都守護職が置かれていましたので
初代の会津藩主・容保との連想から会津藩との縁を思って仕舞います
大河ドラマの影響も大きいですね
綾瀬はるかさんは今 福島との絆を大切にされている様ですが
嬉しいことです

hirugaoさんへ
こんにちわ
そうですね 青空が続きませんね
また明日から2日間 雨とか
段々と花散しの雨になりそうです
そうですね シャクナゲ 咲き始めていますよ
先日 植物園でも見ました
お別れ会ですか そんな季節でもありますね

まさみさんへ
こんにちわ
そうですね 東山の山並みと琵琶湖疏水
この岡崎地区では絵になる景観でしょうか
そうですね この一帯は広々としているので
何か大きな行事が無い限り人が渦巻く喧騒は感じませんね
学生さん達の行事の際には大賑わいとなりますが・・・
そうですね 電線が見えないのは良いことですね
そうですね 「はるか」 私も見守って行きたいと思います

ムームーさんへ
こんにちわ
そうですね この一帯はどこを見ても素敵な景色に
恵まれています
そして桜がその景色を一層美しく引き立ててくれています
私達日本人は昔からそんな桜の働きを良く知っているのですね
遡ってご覧戴き有難うございます
そうですね 椿の花も昔から日本人の好きな花ですね
代々密やかに受け継がれて育てられて来た花ですね

こんばんは happy01
澄み切った青空に鮮やかな朱色の鳥居、そして満開の桜!
素敵な写真です lovely
琵琶湖疏水や白川沿いの桜も、素晴らしいです。
祇園枝垂れ桜、立派な桜ですね。
濃いピンクの紅枝垂れ桜もとてもきれいです。
今年の桜は、今日で最後でしょうか?
情緒豊かで風情ある京都の桜、たくさん拝見させていただき本当にありがとうございました。

↓ 記事の椿の花もとても素敵ですね。
お馴染みの椿もあれば、「エッ?これも椿?」と思わせるような姿の椿も!
さすが愛好家の方たちは、上手に育てられますね。

慕辺未行さんへ
お早うございます
そうですね この日は不順な天候が続く
中で好天に恵まれた1日でした
青空は何もかもを美しく見せてくれます
この岡崎地区でのシンボル的存在が
平安神宮の大朱色の鳥居です
周辺には一杯の桜の木が植えられています
特に琵琶湖疏水沿いは桜並木です
そうですね 今年の京都の桜は大勢は終了ですが
後 遅咲きの桜や偶々そこにあった桜などをご紹介させて
戴く予定です
今年も桜シリーズをご覧戴きまして有難うございました
遡って椿展もご覧戴きありがとうございます
そうですね
流石に名花と言われる椿の花はどれも上品で綺麗でした
最近の椿は昔のイメージと随分変わりましたね

古都人さん、こんにちは~♪
やはり桜は青空が似合いますね。
大朱鳥居の周辺の桜、疏水沿いに咲く桜、
満開の桜が溢れんばかりに咲き誇り、
絵のように美しいです。
円山公園の初代しだれ桜の孫しだれも
素晴らしいですね。若いながらも堂々たる
咲きっぷりです。
「容保桜」、咲くたびに歴史が思い出されますね。
紅しだれも優雅で美しいです。
八重桜・はるかはこれからが楽しみですね。
古都人さんのおかげで居ながらにして
京都の素晴らしい桜を堪能させていただきました。

椿展も拝見しました。
椿は桜と違って、一花一花じっくりと
観賞するのが良いですね。
どの椿も皆さんが丹精をこめて育てられた
だけのことはあり、素晴らしいです。
私も近かったら見に行きたかったです。

古都人さん、こんにちは。
晴れた日の京都、やはりいいですね~!!
先週、友達の車で、岡崎周辺もまわりました。
ちょうど京大の入学式でした。

木屋町、ちょっとですが哲学の道の桜、円山公園と
クルマから桜を見ました。
どこも風情たっぷりでステキでしたよ~!
古都人さんがよく行かれる北山界隈も通りました。

どこに行っても古都人さんはここを通ってるんだな・・って
古都人さんのことを考えていました(笑)

hiroさんへ
こんばんわ
そうですね 今年の京都の天候は余り良くなかったです
そんな中での貴重な晴天の日に出掛けたものです
そうですね 青空が花の美しさをより一層引き立たせて
呉れる様に思います
そうですね 旧府庁の中庭はそんなに広いところでは
ありませんのでそんな中にそれぞれ違った桜が
植えられています 桜の競演の場です
府庁がこの建物の中で執務されていた時は皆さん窓から
これらの桜を眺めて心の休憩をされていたかと思います
遡ってご覧戴き有難うございます
そうですね 桜と椿 どちらも日本人好みの花ですね
椿の花は受ける印象が桜とは全く違いますね
気高く気品に満ち溢れています
内側で秘かに育てられ伝えられて来た好事家の執念を
感じて仕舞います

やっこさんへ
こんばんわ
そうですか 京都市内を車での花見をされたのですね
効率良く回られた様で良かったです
道幅が狭い京都市内ですから大変だったことでしょう
特に有名観光地は酷い様ですから・・・
そうですね 北山界隈は植物園とコンサートホールへ
行く時には必ず通ります
そうですか 市内のあちらこちらに足跡を残しておりますから・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/59542156

この記事へのトラックバック一覧です: 京都市内の桜が満開です(岡崎・旧府庁):

« 恒例の「椿展」を拝見しました | トップページ | 御所の春の一般公開へ行きました »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き