« 京都御苑 可憐な桃は3分咲きでした | トップページ | 植物園の桜が咲き始めました »

2015年3月24日 (火)

京都の魅惑的な地名(5)二帖半敷町と万帖敷町

 「二帖半敷町」(にじょうはんじきちょう)、畳2枚と畳半分1枚では、幅半間・長さ2間半と言う超長細い部屋となります。何とも奇妙な地名と言えます。
 この町名の場所は、烏丸通綾小路下ルにあって、烏丸通を挟んで西側と東側にある所謂「両側町」です。仏光寺通まで続きます。

015a

この辺りが「二帖半敷町」です。真ん中の広い通りは、烏丸通です。
北から南の方向を見ています。この先に、JR京都駅があります。
左手が西、右手が東です。大きなビジネス街です。


019a

西側のほぼ真ん中には、「からすま京都ホテル」があります。ビルの上の方は工事中のようでした。

025a

上の近くにある「京都地下鉄四条ビル」にあった地名表示板です。

024a

「二帖半敷町」の東側の様子です。茶色のビルは、「大原簿記専門学校」です。

021a_2

こちらにも、同じ町名表示板がありました。当たり前のことですが・・・。

 さて、「二帖半敷町」の地名の由来ですが、二説あるそうです。
 江戸期・寛文5年(1665)に刊行された地誌「京雀」に紹介されています。

 一説 昔、この辺りに真言宗の「五条寺」があった。住職が亡くなる時に、二
     
人の弟子に、寺を二つに分けて譲渡した。
     五ジョウを二つに分けたので、二ジョウハン=二帖半敷町の誕生。
     「条」→「帖」にどうして変わったのか?
     高野先生の推測によれば、この町の有力者が、この町が余りにも
     狭いので、そのコンプレックスから、やけっぱち気分で、ええい・ままよ
     ばかりに「二帖半敷町」としたのだろうか、と述べられています。
 もう一説 畳が五帖しか敷けない狭い家を、兄と弟に贈与したから、「二帖半
        敷町」となった。

 未だお話は続きます。「二帖半敷町」が、狭くて小さな町名ですが、対して広くて大きな町名があります。京都は不思議な町です。
 その町名は、「万帖敷町」(まんじょうしきちょう)と言います。本当ですよ。
 現場へ行って来ました。

012a

語源の元は、向こうに見えるお城です。「伏見桃山城」(当時は伏見城)です。
豊臣秀吉が伏見城を築き、諸大名を集め、それぞれの館を造らせました。
今でも、この付近の町名は当時の大名の名前を取って付けられています。
町名の続きですが、誰か大名の一人が、「わしの城は広い。敷物が万帖も敷けるんだ!」と威張ったのが「万帖敷町」の始まりだろうかと、著者の高野先生は述べられています。

001a

正式の町名表示板が見当たらなかったので、これで代用させて戴きました。
これは、自治体の掲示板の下部に付けられているものです。

002a

この町並みのメインロードと思われる通りです。緩やかな坂道になっています。何処にでもある、普通の住宅街です。

010a

上の写真のメインロードの途中から西の方向を見た景色です。
この位置がかなり高いところであることが判りました。
遠くに見える山並みは、西山連峰です。

以上で、「二帖半敷町」と「万帖敷町」とを、ご紹介しました。
このシリーズは、「京 歩き」から始まっていますが、まだまだ続けたいと思います。

 

 

« 京都御苑 可憐な桃は3分咲きでした | トップページ | 植物園の桜が咲き始めました »

地域歴史」カテゴリの記事

コメント

古都人さん、おはようございます♪
「二帖半敷町」、面白い地名ですね。
「万帖敷町」とは対照的ですね。
地名はその土地の風俗や地形を表すことが
あるそうですが、「二帖半敷町」の地名の由来
を拝見すると、まさにその通りだな、と思います。
「万帖敷町」の地名の由来は秀吉らしいですね。
地名の由来を知ることで、京都のの昔の姿を知る
ことができ、ますますその土地への愛着が
わきますね。私の住んでいる市にはそれほどの
歴史があるかどうか分かりませんが、
気になった地名があったらチェックしてみたいと思います。

コメントのお返事はけっこうですので、
お大事になさってくださいね。

hiroさんへ
こんにちわ
わざわざこちらの方までコメント戴きありがとうございます
そうですね 不思議な地名だと思います
考え様によってはよくもふざけた地名を付けたものだとも思います
長い歴史の中で消滅して仕舞っても良いかなと思いますが
消さずに続けて使うと言うのは京都ならではとも思います
お心遣い有難うございます
お言葉に甘えさせて戴き短文にてお許しくださいませ

古都人さん
桜の便りももうすぐですね。
御所や二条城の梅林を愛で自分の庭のように親しまれて好ましい限りです。
次は桜ですね。

それにしても珍しい「二帖半敷町」とは!。
「からすま京都ホテル」も懐かしい。避難の年に娘達と孫とでランチバイキング。
当時5歳の孫が眺望にしきりと感心していました(東山を一望)。お値段はお安くありませんでした。
眺望も値段のうちと思っています。

田舎娘さんへ
お早うございます
ていねいにご覧戴いてありがとうございます
幸いにも二条城や京都御苑は地下鉄を利用して行けますから比較的よく散策します。
 そうですね 変な町名でしょう 京都ならではのことでしょうか
そうですか からすま京都ホテルにお泊りになったのですね
元々は京都ホテル系ですからお値段も立派だと思いますね
今は京都ホテルはホテルオークラ京都となっていますが
こちらはお値段も超一流でしょう(泊まったことはありませんが)

古都人さんこんばんわ。
粗忽者で勘違いをしておりました。
ランチバイキングはホテルオークラ京都でした。
随分と煌びやかな印象でした。
とてもとても宿泊は適いません。
長女の処に泊りました。
京都ロイヤルホテルには泊まったことがあります。
朝食(洋食の方)が充実しておりました。
では又

田舎娘さんへ
 お早うございます
そうでしたか
わざわざありがとうございます
色々なホテルにしかも有名な所を
利用されているのですね
京都に暮らしていても中々手が届きません

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/59276137

この記事へのトラックバック一覧です: 京都の魅惑的な地名(5)二帖半敷町と万帖敷町:

« 京都御苑 可憐な桃は3分咲きでした | トップページ | 植物園の桜が咲き始めました »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き