« 京都「雨宝院」の椿の花 | トップページ | 京都の魅惑的な地名(5)二帖半敷町と万帖敷町 »

2015年3月22日 (日)

京都御苑 可憐な桃は3分咲きでした

 20日は二条城で枝垂れ梅を愛でた後は、京都御苑に向かいました。
目的は梅と桜の間で静かに咲く桃の花です。
何故か梅や特に桜ほど持て囃されませんね。


044

咲いている?違いました。
梅林の満開の梅の花でした。


043

桃の花は残念ながら3分から5分咲きでした。
ベンチに腰掛けで暖かい春のひと時を愉しんでおられる人達です。

042

太い幹から出ている生まれたての逞しい桃の蕾です。

040

何んとなく梅干しを思わせる桃sign01の蕾。

049

俯き加減ですが、数輪の咲いた花にも出会えました。

038

残念ながら、シロトビしていますが、可憐な蕾です。

037

白色は比較的多く咲いていました。
 この後京都御苑の銘木黒木の梅を探しに行きましたが、解らず後日足を運んで撮ることが出来ました(後日紹介します)







« 京都「雨宝院」の椿の花 | トップページ | 京都の魅惑的な地名(5)二帖半敷町と万帖敷町 »

京都御苑 京都御所」カテゴリの記事

散歩 花」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/59346867

この記事へのトラックバック一覧です: 京都御苑 可憐な桃は3分咲きでした:

« 京都「雨宝院」の椿の花 | トップページ | 京都の魅惑的な地名(5)二帖半敷町と万帖敷町 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き