トップページ | 京都府立植物園 早春の草花展 (その1) »

2015年2月23日 (月)

京都市山科区を歩く

 京都市の東、滋賀県大津市と隣り合わせにある「山科区」内を歩きました。

 三方を山に囲まれた盆地にある山科一帯は、京都市内でも早くから開けた土地でした。古くは、旧石器時代から人々の生活の痕跡が遺跡として残っています(京都市考古資料館発行の「京都歴史散策マップ」から)。

 先ず、「中臣遺跡」(なかとみ・いせき)を訪ねました。
山科川と旧安祥寺川の合流点の北側の栗栖野丘陵を取り巻く一帯にあります。

008a

 京都市立勧修小学校の傍に立っていた「中臣遺跡」の石碑です。

003a

 京都市内で最古の石器等が出土した場所です。
近くに立っていた説明板から知りました。

001a

 その説明板に掲示されていた、その石器の写真です。
この様な石器を使って、料理などをしていたのでしょうか。
そして、この場所の先には、この様なお墓がありました。 

007a

 平安時代の「征夷大将軍・坂上田村麻呂」のお墓です。
勅命により、甲冑兵杖を身に着け、立ったまま葬られたと伝えられています。
一説によれば、ここから2Km北西にある西野山古墓が、彼の墓とも言われています。東山にある「将軍塚」も、彼とのゆかりを聞いたことがあります。
桓武天皇に仕え、東北地方の蝦夷たちと戦いました。
また、清水寺の始まりを創ったとも伝えられています。

 「山科川」のことを先述しましたが、その山科川は宇治川に流れ込んでいます。その合流点に立ちました。

002a

 手前が山科川の先端です。そして、向こうの広い川が「宇治川」です。
京都市内の河川の殆どが「桂川」に流入していますが、山科川は唯一宇治川に流入しています。源流は、伏見区醍醐の山並みの一角で、山科盆地を迂回して、盆地の中央を流れて、ここに達しています。
遠くに見える建物群は、向島団地です。

004a

 さらに宇治川に近寄って見ました。
遠くには、宇治の町並みが見え、さらにその奥の山並みは、滋賀県や奈良県との境界の山々です。

 これからも、山科の地域を、気儘に歩きたいと思っています。




















 

トップページ | 京都府立植物園 早春の草花展 (その1) »

地域歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/133820/59036342

この記事へのトラックバック一覧です: 京都市山科区を歩く:

トップページ | 京都府立植物園 早春の草花展 (その1) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き