2019年1月18日 (金)

京都市内の博物館めぐり(5)京大博

 前回の続きです。
 「京都大学総合博物館」に来ています。
 地質鉱物標本のコーナーにいます。

 展示ケースの中で、興味や関心があったものを幾つか、アップして見ました。

017a

小さな菊の花が集まった様に見えます。

020a

部分的に青く輝いています。

021a

同じ名前ですが、上とは全く違った外観です。

022a

金(↑)と、銀(↓)です。

023a

自然には、こんな形になっているのですね。

このコーナーでは、特徴的に「輝安鉱」と「水晶」が展示されていました。

先ず「輝安鉱」から。

003a

002a

001a

初めて見る不思議な形をしています。

005a

突き刺さったら、さぞ痛かろうと思う形をしています。

006a

こちらは少し形が違っています。

007a

上とは違って直線的な形です。尖鋭的な感じです。

 次回に続きます。




2019年1月17日 (木)

京都市内の博物館めぐり(4)京大博

 前回の続きです。
 今回は、「京都大学総合博物館」へ行きました。
 同館では、「地質鉱物展示リニューアルイベント」として、京都大学が開学以来120年にわたり収集した学術標本260万点の中から、分野別に常設展示を行っていて、8月より自然史の常設展示の地質コーナーを、リニューアルオープンし、通常は非公開であった同大学所蔵の貴重な鉱物標本が見られました。

031a

東大路通に面した「京都大学総合博物館」です。
建物の左側は、人文史系の展示室、右側は自然史系の展示室になっています。
今回は、右側の展示室に入ります。

029a

真ん中が入口です。

今回の展示コーナーは、展示室の中程にありました。
先ず説明板を2枚、ご覧願います。

013a

014a

012a

この様な展示ケースが置かれていました。
1区切りごとに見て行きます。

015a

右上の部分です。興味があったものは、部分的にアップしました(次回に)。

016a

ケースの上段の左側です。

018a

ケースの手前の右側です。

019a

同じく、左側です。

 次回に続きます。





2019年1月16日 (水)

京都市内の博物館めぐり(3)漢字ミュージアム

 前回の続きです。
 「漢字ミュージアム」の常設展示場(1階)にいます。

 京都市主催の「四字熟語人権マンガ」の平成29年度の入賞作品の一部です。

018a

「笑顔円満」 皆笑顔のメガネを掛けています。

019a

「忘己利他」 犠牲的精神ですね。

021b

「忘善自失」 ぼうぜんじしつ=こんな表現もあるのですね。

 2階に移ります。こちらでは、企画展の「漢字の宝島大冒険」が開催されていました。
 漢字にまつわる謎がひしめく宝島で、色んなことが行われていました。

027a

その一部の様子です。主にゲーム感覚で学べるものでした。

028a

私は、これに挑戦して見ましたが、中々上手く出来ませんでした。
そこへ女の子が遣って来て、上手く遣っていました。ゲームに慣れた現代っ子とは、年寄りの負け惜しみか?。

026a

お寿司屋などでお馴染みのものもありました。

 もっと沢山ご紹介したいのですが、皆様一度行って戴いてはと思います。
 結構、長時間楽しめますよ。

 同じ建物内には、こんなものも見られました。
 場所が「八坂神社」の近くとあって、「祇園祭」に関する展示が見られます。
 「漢字ミュージアム」とは別スペースになった1階のフロアです。

031a

余り飾りが無い「鉾」です。

 また、こんな「山鉾巡行」の映像が、屏風に表現されます。見応えがありました。

034a

映像のスタート場面です。

038a

代表的な場面を 2つ、ご紹介します。

043a

以上で、「漢字ミュージアム」とその建物内の様子を、ご紹介しました。

 次は、どこの「博物館」へ行こうかな?。

2019年1月15日 (火)

京都市内の博物館めぐり(2)漢字ミュージアム

 
 前回の続きです。
 祇園にある「漢字ミュージアム」に来ています。1階の常設展示 「漢字の歴史絵巻」を見ています。

009a

真ん中の写真は、紙が無い時代の紙代わりの「木簡」です。

010a

011a

013a

014a

016a

015a

我が国における「漢字」の歴史を学んで来ました。
大変に興味深かったです。

017a

流石「漢字ミュージアム」です。「厠」かわや 昔のトイレの名前ですね。

030a

そして、エレベーター内でも。「壱」がやや薄くなっていますが・・・。

 次回も続きます。

















2019年1月14日 (月)

京都市内の博物館めぐり(1)国博と漢字ミュージアム

 京都市内では、今年(2019)京都市で開催される「国際博物館会議(ICOM)京都大会の「プレイベント」として、「2018・夏の京都のミュージアム」が、市内あちこちの博物館で開かれました。平成30年7月20日から9月17日の期間でした。
 その中から、見たいものをピックアップして、回り始めました。
 第1回目は、「京都国博」と「漢字ミュージアム」に行きました。

 先ず始めは、「京都国立博物館」から。

001a

その催しのバンフです。
「特集展示 謎とき美術! 最初の一歩」と言うタイトルです。
「お寺の襖に画かれた龍や虎、着物にデザインされた松竹梅など、京都の街なかでもよく見かける、あの生き物や植物には、どんな意味が込められているのでしょう。」
初めて日本美術にふれる方にお薦めの展示です。謎解きをしながら、美術を楽しんでみましょう。と言うのが博物館のお薦めです。

002a

その為に、この様なものが用意されていました。クイズ形式で鑑賞して行きます。
展示されていたのは、「松竹梅鶴亀文様打掛」の赤と白の2点。
赤の着物に描かれている生き物と植物は何?

「龍虎図屏風」(重文) 単庵智伝筆 龍と虎は、何故一緒に描かれるのか?

「獅子牡丹蒔絵歯黒箱」には、獅子と牡丹が細工されている。

夏休みとて、親子連れの皆さんが、真剣に取り組まれていました。

 次は祇園石段下にある「漢字ミュージアム」で開かれている「夏休み・漢字の宝島大冒険」です。ここに入るのは初めてです。主催は、「漢検・公益財団法人 日本漢字能力検定協会」です。

001a_2

中に入って、直ぐに目に入ったのが、これでした。年末恒例の行事です。
そう言えば、この行事は「漢検」が遣っておられたのでした。舞台は「清水寺の舞台」ですが・・・。

 先ず1階の「常設展」を拝見しましょう。

002a_2

常設展示の約半分を見通しています。
先ず右手前にある展示を見ます。

003b

「踊る甲骨文字テーブル」と言います。
昔 中国では占いに亀の甲や動物の骨を使ったそうですが、それが文字の始まりとか。
周辺の文字にタッチすると亀甲にその文字の原型が表れます。

壁面の展示に移ります。「漢字の歴史絵巻」です。

004a

007a

008a 

 続きは、次回(明日)ご紹介します。
尚、現在は隔日でご紹介していますが、当分の間、連日のご紹介とします。

 

2019年1月12日 (土)

嵯峨野の冬景色

 1月10日(木)朝、京都市内でも初めての「冬日」最低気温がマイナス0.9度C、今年初めての「MYコース」嵯峨野~嵐山を歩きました。

 午前9時過ぎ、何時もの様に、先ず「広沢池」の東南隅に立ちました。

001a

池の東南隅から、「愛宕山」の方を望んでいます。
池の水は、昨年末の「鯉揚げ」の為の水抜きの結果かと思います。

002a

「愛宕山」は、ここ数日の雪景色の為、積雪が見られました。

003a

「鯉揚げ」の時に使われたのでしょう。田舟が置き去りにされています。

005a

池の水は、少し凍っている様です。

006a

昨年は、12月1日に「鯉揚げ」が行われたようです。池には未だその用具などが置かれていました。

010a

池の傍の石仏様には、正月らしいお供えが見られます。

012a

池には少しずつ水が入っている様でした。

015a

「北嵯峨田園地帯」は、この様な様子でした。遠くに「愛宕山」が望めます。

017a

田んぼの傍を流れる「春の小川」ならぬ、「冬の小川」です。

021a

地帯の北には、「冬木立」が見られました。

024a

「五山の送り火」の一つ、「鳥居形」の麓の民家です。私の好きな「日本の原風景」の場所です。

 京都の冬は、未だこれからです。寒さ厳しい日々が続くことでしょう。

























2019年1月11日 (金)

京都の新春風景(2)初詣3社

 前回に続き、今回は初詣をした神社 3か所 今宮神社・上賀茂神社そして北野天満宮の新春風景です。(1月3日)

 先ずはじめは、「西陣の総氏神さん・今宮神社」からスタートです。

002a_2

大徳寺の北に位置する「今宮神社」の楼門前です。

004a

楼門には、門松と共に「干支大絵馬」が置かれていました。

006a_2

拝殿前の様子です。少し行列が出来ていました。並んで参拝しました。

007a_2

本殿の西側には、西陣織の業祖神を祀る「織姫社」です。

 次は、「今宮神社前」から市バスに乗り、「上賀茂神社」に向かいました。

008a_2

「一の鳥居」前です。

012a

「細殿」前です。

010a

鮮やかな朱色の楼門前です。拝殿は、この奥にあり、参拝しました。

013a_2

珍しく「神馬」を見ました。

 最後は、昼食を済ませて「北野天満宮」に向かいました。

023a

今出川通に面した「一の鳥居」前です。多くの露店も出て、賑わっています。

022b

楼門には、お馴染みの「干支大絵馬」が見られます。

016a

拝殿前には参拝者の長蛇の列でした。「三光門」(中門)の外まで続いていました。

015a

拝殿前は、こんな状態でした。横で参拝しました。

018a

「神楽殿」では、「新春奉納狂言会」が催されていました。
貼り出されていたプログラムを見ると、九組の方達が奉納される様でした。

 受験シーズンを前に、天神さんの参拝者が一番多かった様に思いました。
 私達が祈願するのはただ「健康長寿」のみです。
 今年も元気で過ごせます様に。





2019年1月 9日 (水)

京都の新春風景(1)二条城

 今年も例年の通り、お正月元日から、歩き回っております。
 初日1日は、元日から開城されている「二条城」を訪れました。建物の中には入れませんが、お庭などは拝見出来ました。

002a

「東南隅櫓」の白壁が、新年の朝日を浴びて、清々しく見えました。

003a

そこから少し北に進むと、「東大手門」の前に来ました。

013a

今年も門の両側には、大きな門松が立てられていました。毎年末、地元テレビのニュースにもなっています。

「二の丸御殿」の正門にあたる「唐門」前に来ました。

006a

豪華絢爛な極彩色の彫刻が、目を惹きます。
彫刻に注目しました。

007a

上の方には、右に「虎」が左には「龍」が見られます。
下の方には、「松竹梅」が見られます。

「唐門」の裏側(門をくぐって見返して)にも、立派な彫刻が見られます。

008a

少し暗くて見え難いですが、「龍」らしきものが見えます。

009a

鳥や蝶?や花などが見られます。
「菊の御紋」が目立ちますが、それは明治以降に「離宮」になってからのことで、江戸時代は「葵の紋」だったのでしょうかね。

014a

青空の下、大屋根の天辺には「鯱」がぴんと尾を跳ね上げています。

 この日、城内にある「二条城障壁画 展示収蔵館」に入りました。
 この日は、「大広間 二の間と三の間の一部」の障壁画の原画」が展示されていました。
 その中で、「松孔雀図」が拝見出来ました。凄い迫力の松と、色んな姿の孔雀に目が奪われました。描いたの「狩野探幽」です。

 次回も、このシリーズが続きます。














2019年1月 7日 (月)

今年は「亥」年 「猪」がたくさん

 今年の干支は「亥」ですが、その「猪」が”たくさん”いるところが、京都市内にあります。
 市中の「建仁寺」に近い塔頭の一つ「禅居庵」(ぜんきょあん)です。
 お祀りされているのは、「摩利支天」(まりしてん)です。ご本尊は写真を見ますと、七頭の猪に支えられた摩利支天像が見られます。

015a

「禅居庵」は、東西の通り「八坂通」と、南北の通「大和大路通」との交点の東北角にありますが、こちら「八坂通」に面した山門が、正門の様です。

011a

山門をくぐって境内に入ります。

001a

入った正面には、参詣する場所があります。

007a

その奥が本堂です。ここにご本尊の「摩利支天」がお祀りされているのでしょう。

006a

本堂前の参詣場所には、狛犬ならぬ「狛猪」が左右に据えられています。

012a

本堂の右手にある「手水所」にも、猪口から手水が出ています。

003a

本堂の左手には小屋があり、その中にも特別扱いの「猪」が見られました。

その他にも、境内のあちこちに「猪」像がありました。

002a

本堂前に一対が。

005a

参道脇にも一対が。

010a

大和大路通からの参道の途中にも。

◆摩利支天とは、毘沙門天・弁財天・大黒天などと同じ、「天部」と呼ばれる仲間です。

◆「天部」とは、佛教の守護神・護法神となったものの総称です。

◆摩利支天の語源は、サンスクリット語で、「陽炎」(かげろう)を意味する音を漢字に写したものだそうです。

◆猪との関係は、お経から来ている様です。「猪車」に乗りて立つ云々とあります。

◆禅居庵の摩利支天像をはじめ、日本で祀られているこの像の多くが、「猪」を眷属として従えているのは、このお経の中からきているそうです。

以上は、戴いたパンフから抜粋させて戴きました。










2019年1月 5日 (土)

新年明けましておめでとうございます(3)松尾大社

 今年も例年通り、護王神社 北野天満宮 に続いて「松尾大社」の大絵馬を、ご紹介させて戴きます。

 ここにお参りするには、交通は至便です。市バス・京都バス、そして阪急電車嵐山線などがあります。

 阪急電車・嵐山線の「松尾大社」駅から直ぐに、大きな「一の鳥居」があり、鳥居をくぐると石畳の表参道を歩きます。
 やがて正面に立派な楼門があり、その先に「拝殿」に掲げられた「大絵馬」が見えて来ます。

007a

毎年のことですが、この「大絵馬」を見付けると、何故かほっとします。

近寄って見ます。

002a

土鈴の「猪」です。子供もいます。

004a

さらに近くで拝見。原画は木版画家家の「井堂雅夫」さんです。
この絵馬の中には、松尾大社ゆかりのものが、必ず描かれています。
それは、杯と亀です。杯は、松尾大社は「酒造の神」でもあるからです。そして亀はここの「神の使い」であるからです。

006a

渡来氏族「秦氏」一族の総氏神として創建され、「猛霊」と称された霊験あらたかなお社です。さらに全国の蔵元から「醸造祖神」としての尊崇を集めています。

 次回は、学問の神様を祀る「北野天満宮」です。

«新年明けましておめでとうございます(2)北野天満宮

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き