2017年6月24日 (土)

可憐なイワチドリをご紹介します

 イワチドリは本州中部地方以西と四国に分布し、渓谷の湿った岩場の比較的低い位置の岩の割れ目などに多く見られるとの事です。
今回、愛好家が育てられている花を京都府立植物園で愛でることが出来ました。
カメラマンに混じって撮りましたが、室内でコデジでは無理があったようです。


Img_3839

畳を敷いた上に展示されています。

Img_3827


Img_3828


Img_3838

ピンボケの極みですが、優しい花色が嬉しくご紹介します。
残念ながらこの花以外にピンクは撮っていませんでした。
他の花色に比べて数少なかったことも有ります


Img_3834

どの花も同じように見えますが、微妙に違います。

Img_3828_2


Img_3830

↑と同じ種類ですが、器によっても風情が異なりますね。

Img_3833


Img_3837

「セッコク」は単子葉植物ラン科の植物。日本 の中部以南に分布する。
岩の上や大木に着生する着生植物との事です。

何れも丹精込めて育てておられる花達、綺麗に撮れなくて申し訳なく
ご紹介が随分遅れてしまいました。(5月5日撮影)

2017年6月23日 (金)

雨上がりの上七軒を散策しました

 千本釈迦堂で紫陽花を愛でた後は、久しぶりに雨上がりの上七軒を散策しました。

Img_4530

平日で、雨上がりの上七軒は人通りも殆ど無く、静かな佇まいです。

Img_4535

背景の北野天満宮の木々の緑も綺麗です。

Img_4534


Img_4526

名前は不明ですが、可憐な花が風に揺れて嬉しそうです。

Img_4531

綺麗に整えられた路地です。「ここを通られる方はエンジン音を切ってください」。気持ちわかります。

Img_4536

こちらは生活感がいっぱいの路地です。
花が綺麗に植えられていて、住む人の優しさが感じられます。

上七軒は何時散策しても、観光シーズン以外は、落ち着いた佇まいに癒されます。

2017年6月22日 (木)

雨上がりの「千本釈迦堂」で紫陽花を愛でる

 各地に大雨の被害をもたらした6月20日から21日の雨は、京都でも久しぶりの雨でした。
 21日の午後も時々時雨ていましたが、久しぶりに雨粒を貰って大喜びをしているであろう紫陽花を見に行きました。


Img_4519

桜の頃と違って、また、雨のせいもあり、境内は静けさに包まれいます。

Img_4501


Img_4522


Img_4498


Img_4499

やはり想像以上に生き生きして見えます。

Img_4510

雨に洗われた石畳みは綺麗です。
濃いブルーも咲いていましたが、残念ながら大雨に打たれて打ちひしがれて?いたので、気の毒になって撮るのは遠慮しました。
 この後、雨上がりの上七軒を散策しました。
その様子は、明日ご紹介します。(撮影 6月21日)

2017年6月21日 (水)

天授庵 の可憐な睡蓮と新緑

 天授庵は紅葉が特に有名ですが、池面にぽっかり浮いたように顔を覗かせている白い睡蓮も可憐で清々しい風情が有ります。

Img_4452

朝の陽ざしを受けた新緑が眩しいです。心が洗われるようで思わず深呼吸していています。

Img_4453


Img_4451

南禅寺の山門が見えます。

Img_4463

こちらの睡蓮は小さいですね。それでも花姿が可憐で多くのカメラマンが真剣に撮影しています。

Img_4461


Img_4455

池を巡る道は細く、広い池の為に写真は撮りにくいです。
手を伸ばして撮っていますが・・・


Img_4456

↑は白色ですが、この花はピンクでしょうか?日差しが眩しそうです。
まだ、五分咲きでしたが、これからが楽しみな天授庵の睡蓮でした。
       (6月15日撮影)

2017年6月20日 (火)

「花文字」をご存知ですか (その1)

京都市国際交流会館で主催されていた、「花文字}を初めて拝見しました。

Img_3261

Img_3244_2


Img_3245


Img_3246


Img_3247

会場の明かりが映り込んで見苦しいです。

Img_3260

「花文字」は中国で生まれた縁起の良い文字です。
名前の中にそれぞれ良い意味を持つ吉祥絵をちりばめ、その人の未来を明るく照らします。
本人はそれだけで運気が上向いたような気分になり正の作用を伴い体の芯から脳細胞から髪の毛の1本1本から正のエネルギーがみなぎり発散します。
    (会場に貼られていた説明を引用)

2017年6月19日 (月)

可憐なエビネに癒されました(その1)

 エビネはどちらか言うと地味な花ですが京都府立植物園で開催されていた
エビネ展では、その花色は勿論ですが花姿にも驚きました。
 
 展示会は屋外の植物展示場と植物園会館の二か所で開催されていました。
どちらもエビネ愛好家の方たちが丹精込めて育てられたものです。
(その1)では屋外の展示場の花をご紹介します。



Img_3734


Img_3727


Img_3729


Img_3730


Img_3733


Img_3732


Img_3735


Img_3736


Img_3737


Img_3738


Img_3739


Img_3741

子供の頃、我が家でも育てていましたが、1種類だけだったと思います。
他の花もそうですが、エビネも随分カラフルになりましたね。
 

2017年6月18日 (日)

京都センチュリーホテルで「ハッピーバースデー!」

 5月19日は、目出度くも有り、目出度くも無しの私の〇〇回目の誕生日でした。
友人が豪華なランチをご馳走してくれ感謝感謝で美味しく戴きました。

Img_4169


Img_4152


Img_4154_3

木の箱に入れられたパンは、温かくコンガリとても美味しいです。
勿論、お替りは出来ます。

Img_4155


Img_4157

白いお皿ですが、残念ながら光線のせいか、カメラの設定が下手なのか・・・

Img_4158


Img_4160


Img_4162


Img_4164

この一皿は、誕生祝です。
そして♪ハッピーバースデーの音楽
盛りだくさんのご馳走、嬉しく少し恥ずかしい、わが誕生日でした。

Img_4167


Img_4151

窓の外の緑が眩しく、正に五月晴れの日が、わが誕生日を祝ってくれています。(笑い)

2017年6月17日 (土)

イメージ「京都コンサートホールに響く音楽」(その2)

前回の続きです。

Img_4367


Img_4486


Img_4487


Img_4369

通路は絶え間なく人が通ります。
自分の影が映らないように、出来るだけ蛍光灯の光が入り込まないように
身体をゆがめて撮っています。
物好きやなあ の声が聞こえるようです。

Img_4372

蛍光灯が映り込んでしまいました。

Img_4375


Img_4372

 以下はこれらの作品を制作された
京都市立芸術大学美術学部デザイン科2回生からのメッセージです。

「コンサートホールでは様々な演奏を楽しむことが出来ます。大きな空間が音で満たされ心地よさ
あるいは迫力に満ちたフルオーケストラの響きから得られる快感、ホールを聴衆か埋め尽くしているにも関わらず
一瞬おとずれる静粛な緊張感など京都コンサートに響く音楽をイメージしてレリーフで表現しています。
コンサートホールに向かう人々がワクワクしながら向えるような作品をと言うテーマで制作しました。」

2017年6月16日 (金)

京都府立植物園 しっとり 「紫陽花」

 花菖蒲を愛でた後は、まだ早いかなと思いながら紫陽花苑に向かいました。
皆さん同じ気持ちとみえて、一直線?に向かわれています。


Img_4442

やはり見ごろには早すぎたようです。

Img_4435_2

「日差しが眩しいです」(紫陽花の独り言です。)

Img_4426

どの紫陽花も可憐ですね。

Img_44281_2

下の紫陽花は↑と同じ花ですか、中心部分をクローズアップしてみました。

Img_4428

可愛くて、元気溌剌です。幼子のようにも見えます。

Img_4430


Img_4436


Img_4437

花姿?が他の紫陽花とは違いますね。

Img_4438


Img_4431

先端の小さなピンク色が可憐です。

Img_4434

白色は清楚です。

Img_4443

たった一枚ですが、半夏生に夏を思います。
園内を散策していると時間の経つのも忘れてしまいます。
時計を見て驚くことも
度々ありますが植物園が京都に在って良かったです。
            (6月11日撮影)

2017年6月15日 (木)

イメージ「京都コンサートホールに響く音楽」(その1)

 ご紹介するのは、京都市営地下鉄「北山」駅構内に展示されていた、京都市立芸術大学美術学部デザイン科2回生によって制作されたものです。
約束時間には少し早かったので、時間ツブシに歩いていて見つけたものです。

Img_4359

    
Img_4360

通路の壁には小さな白いタイルが一面に貼られていて、目地が映り込んでいます。

Img_4361


Img_4362


Img_4363

どの作品もユニークで楽しく、学生さんのお人柄が感じられました。

Img_4364

通路には蛍光灯が付けられていて、出来るだけ明かりが映り込まないように
撮っていますが・・・

Img_4366


Img_4365

            「わやな ショウタイム」

この作品を眺めていて、私も「この中の一員になりたいなあ」と思いながら
愉快な気持ちになっていました。
 何となく歌声が聞こえてきませんか?

「お断りです」 

 作品のすべてのタイトルを撮ったのですが、順番が狂ってしまい「どれがどれやらわからず」です。





«京都府立植物園「花菖蒲」にうっとり

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

京 歩き